読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fam'S ブログ

親子と学生をつなぐ団体Fam'Sのブログ

夏のブログリレー⑦甲斐

皆さんこんにちは!

今回の夏のブログリレーはThird-F担当の甲斐が書かせていただきます。

 

もうシルバーウィーク?も終わりに差しかかり、まだまだ休日を味わっていたいところですが、そろそろ気合を入れて現実と向き合わなければならないようです・・・

 

弱音もほどほどにして本題と行きたいところですが、Third-F制度の宣伝を挟みませてください。

Fam'Sのコンセプトでもある“Third Familyをつくる”というThird-F制度を本格的に始動させたいと考えています。

Third-F制度は半年間特定の学生と親子が定期的に交流するという制度です。

学生にとっても親子にとってもかけがえのない貴重な経験が得られると思います。

自分自身も実際に体験してみてから見えるものがたくさんありました。(詳細は下のブログ記事に)

興味のある方は是非こちらへ!→(http://famsask.wixsite.com/fams/third-f

 

 

ではでは本題に入ります。前回担当の美咲が長かったので今回は短くいきたいと思います!(そんなに書ける自信がないだけ笑)

 

今回のテーマは…「Fam'S 1周年×わたし」

 

Fam'Sに加入してこの一年間、育児について学び、

様々な体験をさせてもらいましたが、入る前から変わらないことがあります。

やっぱり自分の子供が欲しい!ってことです笑

イベントやThird-Fの交流でいろんな子どもを見て、

一日だけでも連れて帰りたい!と思うほどかわいく愛おしい存在でした。

自分の子どもでないのにこの可愛さなら自分の子ならどれだけ可愛いんだ…

と勝手に妄想しています笑

 

こんな場を自分に与えてくれたメンバー、誘ってくれた美咲やきこちゃんに感謝してます!ありがとう(>_<)

 

 

この一年で一番の経験といえばThird-F制度でお世話になった守さん家族との交流です。

みねもえからやってみらん?と言われ、じゃあやってみる!といった具合で

何も考えずにみねもえに連れられ守さん宅に行った初日。

仲介人という存在はこれから何をすればいいのかわからない自分が

Third-Fを始めるにあたってすごく安心して話を進められると感じました。

 

次に会う日程を決め、迎えた仲介人なしでの初めての交流はちょっと緊張しました。

ご飯を食べ、ショッピングをして、公園で遊んで…

もちろんすごく楽しかったです!とても癒されました(^^♪

 

しかし、一日だけでも育児の大変さを伺える場面がいくつもありました。

各家族で共通することと家族それぞれに特有のこと。

色んな育児の問題があり、家族によっても形が違う。

それを共有でき、他の家族の事情を知るということも、

育児をするにあたって重要なことであることを学びました。

自分も子どもをつくる際には覚悟をもつこと、責任をもつこと、

でもやっぱり子育てを楽しむこと♪を忘れずに行きたいと思います!

 

また交流できる機会をつくってまだまだいろんなことを勉強して、

自分が親となったときに正しい知識をもって育児に取り組みたいです!

 

守さん最近連絡取れてなくてごめんなさい(>_<)

これからもよろしくお願いします!

 

何も知識はないけど育児について知りたい!っていう学生、

学生と交流して息抜きをしたい親御さん、

ぜひThird-F制度を検討してみてください!

必ず頼りになる仲介人がサポートしてくれます🎶

 

 

最近イベントに参加できていないので早く癒しをもらいに行きたいところです(*´ω`)

今日も「とっとこ巡るよ、西公園!〜君と夏の終わりに思い出を〜」というイベントを開催しています!

これからも定期的にイベントを企画していきますので是非参加してくださいね♫

 

以上、今日のイベントに参加できないゆっけこと甲斐でした。

 

 

 

***************************************************************************************

学生団体Fam'S

Third-F担当 甲斐 祐介

Mail:fams.ask@gmail.com

Web:http://famsask.wixsite.com/fams

Facebookhttps://www.facebook.com/fams.0810/?notif_t=page_fan

Twitter:@FamS_2015
よろしければFacebook「いいね!」、Twitterフォロー、よろしくお願いいたします